2024.07.09
『日本子ども支援学会』ワークショップのご案内

 
教育支援人材認証協会とともに「こども支援士」の社会的な認知を広めている『日本子ども支援学会』から、ワークショップのご案内です。
 
 
7月のワークショップのお知らせです。
 
日時 7月20日(土)10:00~12:00
会場 千葉大学教育学部4号館4105教室
企画 石田祥代先生(千葉大学教育学部特別支援教育教室)
対象者 子ども支援学会員、本テーマに関心のある大学院生・学部生等
オンラインでの参加も可能です。
 
Zoomより参加される方は下記URLより入室してください。
https://chiba-u-jp.zoom.us/j/83771021236?pwd=Q29tQ2RIL01PenpvWWlvS1Q5NDBRZz09
ミーティング ID: 837 7102 1236
パスコード: 410390
 
お申込みは下記申し込みフォームよりお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSch3YbvfaMqVMFrGSHjagibIZgrK1r9IsSoilyvOe13J_0imw/viewform?usp=send_form
 
同日午後に勉強会も開催されます。
ご興味のある方は、そちらも是非ご参加ください。
7月20日(土)14:00~15:00
内容 特異な才能とワーキングメモリー
講師 中道圭人先生(千葉大学教授)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfIPBXVm-2fXmZtLKQXc5x02Ekb84sOBA4emcCgAfgfyraS7w/viewform?usp=send_form
 
詳細はチラシをご覧ください。
ワークショップチラシ:1
勉強会(特異な才能とワーキングメモリー)チラシ:2
 
 
石田先生からのメッセージです。
是非、ご一読いただきワークショップにご参加ください。
 
 日本子ども支援学会では7月20日(土)10時より対面・オンラインのハイブリッド型でワークショップを開催いたします。
 今回は1月1日に能登で起こった地震を教訓に、被災地での子ども支援について学びを深めたいと考えております。ボランティア で子どもたちと関わった大学生として感じたことや、ボランティアを調整するコーディネーターとしての苦労、現地での情報収集な ど4名の登壇者が様々な視点でお話してくださいます。子どもが何を求めているのか、大人としてどう行動すべきかを立ち止まって 一緒に考えてみませんか?
 
 今回のワークショップは会員限定ではなく、子ども支援や保育、教育に関心のある大学生や大学院生も広く対象としております。ご関心のある方が身近にいらっしゃいましたら、ご紹介いただければ幸甚に存じます。
 
 なお、当日、千葉大学教育学部にお車でご来場の方は、正門で守衛にお声掛けください。電車でご来場の方は西千葉駅(JR)、みど り台駅(京成線)より、教育学部4号館までは徒歩15分程度かかります。
 
 また、当日午後に千葉大学教育学部(同じ教室)で勉強会が開催されます。現職教職員のみならず、大学生や大学院生その他子ども支援に関わる方のご参加を歓迎しております(対面、オンラインハイブリッド型)。希望される場合は、是非こちらもお申し込みください。
 
企画者:子ども支援学会ワークショップ運営委員 石田祥代(千葉大学教育学部特別支援教育教室)
 
 
皆様とお会いできることを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。